京都府エリアに対応している食事宅配サービスを紹介するサイトです。特に生活習慣病(糖尿病・高血圧・腎臓病)など食事制限が必要な方に向けた食事宅配サービスでは、冷凍保存ができる弁当タイプの食事が届けられます。 必要な時に電子レンジで温めるだけで食べられるのが魅力です。調理の手間が無くなる上に、管理栄養士による栄養バランスなど調整済の美味しい料理を手軽に食べられるのが最大のメリットです。 あなたに最適な食事宅配サービスを見つけてください。


日清医療食品の食宅便 ウェルネスダイニング
ランキング1位
日清医療食品株式会社
ランキング2位
ウェルネスダイニング株式会社
食卓便の画像
ウェルネスダイニングの画像
詳細レビュー 詳細レビュー


糖尿病の宅配弁当の選び方

糖尿病の食事は、糖質制限とカロリー制限と塩分制限の3項目の調整に加えて栄養バランを整えることが必要です。 糖尿病は、膵臓で作られるインスリンというホルモンの作用不足で高血糖が続く状態です。 高血糖が続くと腎症・網膜症・神経障害など命に係わる合併症のリスクが高まるため、食事により血糖値をコントロールしなければなりません。 さらに一日3食規則正しくバランスのよい食事をとり過食や偏食を避けるのが基本です。

  • 糖質(炭水化物)の摂取量を調整する!
  • 糖尿病はインスリンの働きが低下しているので、血糖値を下げることができません。だから血糖値を上げない食事をすることが大切です。 血糖値を上げる食べ物は糖質(炭水化物)だけですから、1食あたりの糖質の摂取量を管理しなければなりません。 1食あたりの糖質は10g~15g以下の宅配弁当を選ぶのが秘訣です。

  • 適正なカロリー摂取量を計算して選ぶ?
  • 糖尿病は適正体重を保つことが大切なので、過食や偏食せずに日常生活に必要なカロリーを摂取します。 エネルギー摂取量は、年齢・性別・肥満度・活動量に血糖値の状況や合併症の有無を加味して計算します。 個々に状況が違うので医師の指示に従ってカロリー管理を行います。 宅配弁当は『おかず』のみなので200kcal~300kcalのものを選びます。1食あたりのカロリー摂取量は主食の量で調整しますが、炭水化物の摂り過ぎは注意してください

  • 塩分は1食2グラム以内のものを選ぶ!
  • 糖尿病の治療ガイドラインでは、1日の塩分摂取量を6グラム未満に抑えるように指導されています。 これは糖尿病が血管にダメージ与えるために起きる合併症を予防することが目的です。 特に2型糖尿病患者を対象とした研究では、塩分の多い食事が心筋梗塞や脳卒中の危険度を上昇させることが解っています。 宅配弁当を選ぶ時は1食あたり2グラム未満で作られたものを選びましょう。

糖尿病の宅配弁当の選び方

高血圧の宅配弁当の選び方

高血圧の食事は、塩分制限とカロリー制限の2項目の調整に加えて栄養バランを整えることが必要です。 高血圧の原因は生活習慣と言われていますが、日本人の塩分摂取量の平均は1日10gを超えています。またカロリーオーバーによる肥満やメタボも高血圧の原因です。 そのため塩分は1日6g以内、カロリーも適正体重を維持できる摂取量を守らなければなりません。

  • 1食の塩分が2グラム以内に抑えられているか?
  • 国民1人1日あたりの食塩摂取量は平均10.4g(男性11.4g/女性9.4g)というデータがあり、日本人は高血圧になりやすいと言われています。 ちなみに高血圧になると1日の塩分摂取量は6グラム以内という塩分制限が必要になります。これは1食あたりで計算すると2グラムです。 つまり宅配弁当を選ぶ時は、1食2グラム以内が基本になります。ただし7食セットの宅配弁当では、平均2グラム以内という調整をしているものもあります。

  • カロリーが300kcal以内に抑えられているか?
  • 肥満やメタボは高血圧の原因ですから、適正体重をオーバーしている方は、カロリー制限が必要になります。 また必要以上のカロリーを摂取してしまうと血液中の糖質・中性脂肪・コレステロールが高くなり動脈硬化を引き起こします。 動脈硬化は、心筋梗塞や脳卒中など血管障害を起こすリスクを高めます。このように血管を痛めないためにもカロリー制限が 必要となりますが、1食あたり300kcal以内に調整されているものを選びましょう。ちなみに宅配弁当は【おかず】だけですので、 カロリーの相摂取量は、ご飯の量を調整して行います。

  • 20種類以上の素材を使っているか?
  • カリウムを多く含む果物や野菜の摂取、良質なタンパク質を含む肉や魚、血液をサラサラにして血管を丈夫にするオメガ3系脂肪酸など 健康な身体を維持するために必要な栄養素を摂らなければなりません。そのために肉や野菜など20~30種類の材料を使った食事を撮り続けなければなりません。 宅配弁当を選ぶ時は、1食当たり20品目以上の材料を使っているものを選びましょう。

高血圧の宅配弁当の選び方

腎臓病の宅配弁当の選び方とお勧め業者ランキング

腎臓病の食事は、タンパク質・塩分・カリウム・リン・エネルギーの5項目の調整が必要です。 腎臓は、体内の老廃物を排出したり必要な物質を再吸収する働きをしています。しかし、急性腎炎・慢性腎炎・ネフローゼ症候群・腎不全などにより仁腎機能が低下すると正常な働きができなくなります。 その症状により、タンパク質・塩分・カリウム・リン・エネルギーの摂取量を制限しなければなりません。

  • タンパク質の摂り過ぎ
  •   タンパク質の摂り過ぎは、クレアチンや尿素窒素を排出できず腎臓に大きな負担がかかります。

  • カロリー不足
  •   カロリーが不足すると身体のタンパク質が分解され使われ、タンパク質の摂り過ぎと同じ状態になります。

  • 塩分制限
  •   腎臓の能力が低下するとナトリウムを排泄できずに高血圧などを悪化させるので、塩分は控えめにします。

  • カリウムの制限
  •   腎臓の機能が低下すると血液中のカリウムが増えるため、医師からカリウム制限の指示がでる場合もあります。

  • リン
  •   腎臓の機能が低下すると腎臓からのリンの排泄量が減少する高リン血症などがあり制限が必要な場合があります。

腎臓病の宅配弁当の選び方

食事宅配サービスのおすすめ業者を徹底比較

食事宅配サービスは、多くの企業が参入しているため様々なサービスが提供されています。 また業者によって得意分野も違いますし、サービス内容も変わります。当サイトでは、食事制限に対応した宅配弁当を提供する事業者をピックアップして、 各社のレシピ・メニュー・価格などを比較して紹介しています。あなたに最適な食事宅サービスをお選びください。

日清医療食品の食宅便

テレビCMで知られている『食宅便』は、日清医療食品が提供するお弁当の宅配事業です。 もともと日清医療食品は、病院や介護福祉施設に対して食事サービスを行っているので、 所属する管理栄養士も多く、あらゆる食事に対応できる体制を持っている企業です。

特に医療・福祉・保育施設では、食事に求められる栄養バランスが詳細に設定されています。 カロリーや塩分、タンパク質や糖質など制限された上に栄養バランスを求められる食事から、 ダイエット目的の食事、固いものが食べられない方向けの食事など幅広いニーズに対応しています。 ここでは日清医療食品の食宅便の提供する宅配弁当を徹底検証致します。

日清医療食品の食宅便はコチラ

ウェルネスダイニングの宅配弁当

ウェルネスダイニングの宅配弁当は、ダイエット目的のカロリー制限食、高血圧の塩分制限食。糖尿病の糖質制限食、腎臓病のたんぱく制限食など食事制限が必要な宅配弁当から、 食事制限まで必要ない健康食や栄養バランス食など6種類の宅配弁当を用意しています。ここではウェルネスダイニングの宅配弁当を他のサービスと比較してご紹介しています。

ウェルネスダイニングの宅配弁当はコチラ



食事宅配サービス人気ランキング!

日清医療食品の食宅便 ウェルネスダイニング
ランキング1位
日清医療食品株式会社
ランキング2位
ウェルネスダイニング株式会社
食卓便の画像
ウェルネスダイニングの画像
詳細レビュー 詳細レビュー

Menu

ページの先頭へ